ネトゲ女子の婚活なう。

一応結婚相談所の元スタッフだったネトゲ好き女子が考える婚活のこと

失恋が教えてくれること

こんばんはー!ひかです。

今日は出張でとにかく移動時間が長いから、ブログ書きます。

って思ったら充電が切れてしまったので結局家で書いてる!(`・ω・´)

 

槇原敬之の「もう恋なんてしない」を聴いてた。

今日は、失恋が教えてくれること 

ということなんですが、

このテーマで書こうと思ったきっかけがありまして、

それが、今はもうなつメロの部類ですが、

槇原敬之の「もう恋なんてしない」って曲です。

 

www.youtube.com

 

この曲を聴いてて、なんとなく、考えをめぐらしまして。

そもそもこの曲なんですが、

曲のタイトルは「もう恋なんてしない」っていうから

てっきりもう恋は諦めたのかと思いきや、

歌詞見てると

 

『もし君に1つだけ強がりを言えるのなら

もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対』

 

 

 

f:id:ktoranyanko11:20180427011854p:plain

 

って、次恋をするのかしないのか、

つよがり?を言うのか言わないのか、

一瞬どっちかわかんなくなりながら(笑)、

 

よく聴くと、素直にやっぱりいい歌だなぁと。

 

ヘタレ野郎の割と前向きな失恋ソング

この曲を知らない若い方は

一度歌詞を見ながら聞いてみてほしいんですけど

一言でいうといわゆる失恋ソングです。

そんでこの曲に出てくる男性がなかなかのヘタレ野郎!

 

1番のはじめなんかもうなんか全然素直じゃねーし、

亭主関白みたいなことやってる上に

文句なんかいってっから、

でていく彼女の気持ちすらわかんねーんだよーーって、

ちょっと小言言いたくなるんですが、

2番以降では彼女の残したものを捨てようと集めながら、

それをムダなものと称しつつもなんか幸せを感じてるっていう

あれ?なんか聴いててかわいそうになる…ヘタレ具合を発揮。

 

そんな感じで失ってはじめて彼女の大切さに気付いて、

次こそはぜったい!って最後には決意する

前向きな失恋ソングなんですよね。

 

失恋の痛みが、愛と愛の感受性を高めてくれる

ここから私の勝手な妄想なんですが

たぶん、このヘタレ野郎は、

「俺は何とも思ってなかったけど、彼女は俺に尽くしてくれてたんだな」とか

「もっと彼女に感謝をつたえとけばよかったな」とか

「次はもっとこうしてあげよう」とか

色々反省したと思います。

 

だからきっと、次の恋愛では前より彼女を思いやることができて、

彼女の思いやりにも前よりは気づきやすくなったんじゃないでしょうか。

 

傷ついてもその分、味わい深いハートを手に入れているはず。

やっぱり恋愛はすごいエネルギーを秘めてますよね!

 

婚活って出会いと別れの繰り返しも多いし、

純粋な恋愛と違って男女ともに打算的な考えも入り混じったりして

何が正しいのか、どうすればよかったのか、正解がわからず、

疲れちゃうときもありますよね。

考えすぎも逆に考えなさすぎもよくないから、バランスが難しいけど、

例え深く傷ついたとしても、時間のロスだったと感じたとしても、

ほんとは大切な人を求めているのに、

自分から何もかも諦めたり拒否したらそれこそもったいない。

 

大丈夫!

その分、傷つかなかった人にはない、

ちょっとだけ味のある魅力的な人間になってるはずですよ!

がんば!(`・ω・´)ノ